しみ・そばかす

「しみ・そばかす」とは?

しみの多くは紫外線が原因ですが、加齢による代謝の衰えやホルモンバランスの乱れ、強い摩擦、外傷やにきび痕なども原因となります。皮膚は何層も重なってできており、皮膚表面にある表皮の最下層に位置する基底層のメラノサイトが、紫外線やホルモンの影響など様々な刺激を受け、皮膚を守ろうと活性化しメラニン色素が作りだされます。通常このメラニン色素は、新陳代謝(ターンオーバー)により新しく作られた細胞に押し上げられ、自然と皮膚表面から剥がれ落ちていきますが、メラニン色素が過剰に生産されると、肌の外へ押し出されず残ってしまい、しみとなります。
そばかすは、遺伝的要素が強いといわれており、表面はなめらかで、淡褐色から黒褐色をしています。加齢により薄くなることもありますが、しみ同様、紫外線の影響を受けやすく、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、間違ったお手入れなどでも濃くなることがあります。

しみ・そばかすが生まれる原因

メラニンの活性化=「しみ」が生まれるには以下の原因が考えられます。

  • 原因1紫外線

    皮膚にあるメラノサイトが刺激され、しみの原因になるメラニンが増加します。若い人は新陳代謝と共にメラニンもなくなりますが、中年以降になるとメラニンが細胞中に沈着して、しみになります。

  • 原因2精神的ストレス

    脳下垂体から分泌されるメラニン細胞刺激ホルモンは、精神的ストレスの影響をとても受けやすいとされています。イライラしがちな人は、しみになりやすいので注意が必要です。

  • 原因3ホルモンバランス

    分泌の失調により、ホルモンバランスを崩しますと、黄体ホルモンなどがメラノサイトを刺激し、メラニンを増加させます。妊娠もメラニン増加の原因になることがあります。

  • 原因4体質・食生活

    カフェインなどの神経を刺激する物質が含まれる食品を摂りつづけると、しみの原因であるメラニンを増加させる要因となります。

あなたはどのタイプ? しみ・そばかすの種類

老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)

  • 丸くはっきりとしている
  • 濃い褐色の大きく目立つ
  • 30~40代になって出てきた

そばかす状の小斑型~丸く輪郭のはっきりした大型斑で褐色のシミ。 主に紫外線による光老化や皮膚の老化によって新陳代謝が衰えることが原因です。

治療法はこちら

肝斑(かんぱん)

  • 両頬に左右対称
  • 目尻下に左右対称
  • 30~40代になって出てきた

30~40代の女性に多く、主に目の下と両頬骨に沿ってあらわれる左右対称の茶色い色素斑。妊娠や婦人科疾患などホルモンバランスが大きく影響しているといわれます。放っておくと頑固なしみになるので早めのケアが必要です。

治療法はこちら

後天性真皮メラノサイトーシス(遅発性太田母斑様色素斑ちはつせいおおたぼはんようしきそはん)

  • 両頬骨付近に米粒大の褐色のしみが点在
  • 目の下や額にも出現する
  • 20代になって出てきた

思春期ごろから両側の頬骨のところを中心に増えてくる小さな茶色、ないし灰色っぽい色素斑です。頬では肝斑と見間違えられやすいです。

治療法はこちら

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

  • にきびや虫刺されなどの後にできた
  • 背中のにきび痕が残っている
  • できてから1年以上消えないしみがある

にきび、けが、やけど、湿疹などの炎症が治療した後に茶色っぽく残ってしまった状態のことです。

治療法はこちら

雀卵斑(じゃくらんはん)

  • 鼻を中心に茶褐色のしみが点在する
  • 手の甲や体にも発生している
  • 子どもの頃からあった

ソバカス(そばかす)といわれ類円系の小色素斑。先天性のもので遺伝的要素が強いものです。色素斑の表面はなめらかで、淡褐色から黒褐色をしています。

治療法はこちら

しみ・そばかすの治療法

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

フォトフェイシャル・IPL 光・高周波治療

特殊な光(IPL)によって、肌に沈着してしまったメラニン(しみ)に反応させお肌の外へ排出させていく治療です。同時に線維芽細胞の働きを活性化させコラーゲンが増えますので美肌に生まれ変わり、お顔全体の若返りに効果的です。

詳しくはこちら 料金表はこちら

QスイッチYAGレーザー レーザー治療

レーザーを症状に応じてパワー設定し、メラニン色素の細胞のみ反応させて治療いたしますので、周囲の組織を傷つけることなく、色素だけを消すことが可能な方法です。肝斑など一部のしみは、レーザー治療に適さない場合もあります。

詳しくはこちら 料金表はこちら

肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)ケアコース

放っておくと治りにくく、女性ホルモンのバランスが影響してできる肝斑(かんぱん)には、ケミカルピ-リング、イオン導入、トラネキサム酸導入、内服薬がセットになった当院オリジナルのコンビネーション治療がオススメです。

詳しくはこちら 料金表はこちら

後天性真皮メラノサイトーシス(遅発性太田母斑様色素斑ちはつせいおおたぼはんようしきそはん)

QスイッチYAGレーザー レーザー治療

レーザーを症状に応じてパワー設定し、メラニン色素の細胞のみ反応させて治療いたしますので、周囲の組織を傷つけることなく、色素だけを消すことが可能な方法です。肝斑など一部のしみは、レーザー治療に適さない場合もあります。

詳しくはこちら 料金表はこちら

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

ケミカルピーリング

酸を塗布し、表皮の古くなった角質を除去し、新陳代謝(ターンオーバー)を促進・正常化させていく治療です。繰り返すことにより、古くなった角質が取れ、色素沈着の原因となるメラニンの排出を促します。また、お顔全体のくすみやしわも改善されます。

詳しくはこちら 料金表はこちら

雀卵斑(じゃくらんはん)

フォトフェイシャル・IPL 光・高周波治療

特殊な光(IPL)によって、肌に沈着してしまったメラニン(しみ)に反応させお肌の外へ排出させていく治療です。同時に線維芽細胞の働きを活性化させコラーゲンが増えますので美肌に生まれ変わり、お顔全体の若返りに効果的です。

詳しくはこちら 料金表はこちら

効果とダウンタイム

ダウンタイムとは、施術を受けた後、治癒(上皮化)するまので赤味、腫れ、乾燥などがある期間になります。
(体質や施術の内容によりダウンタイムには個人差があります。)

QスイッチYAGレーザー
内服・外用薬
ケミカルピーリング+イオン導入
フォトフェイシャル

プライム式しみ・そばかす治療

さまざまなしみに対応

当院には光治療、レーザー治療、ピーリング、内服などしみの種類に合わせた豊富な治療で対応!

 
アフターケアも万全!

しみ治療後は、アフターケアがとても重要です。
治療やしみに合わせて外用や内服をご用意しております。

 
女医がしっかり診察!

美容皮膚専門の女性医師が、お一人おひとりのしみに合わせた治療をご提案!
アフターケアにいたるまでしっかりとお肌を診察いたします。

 
 
夏のダメージ・お肌リセットプラン キャンペーン実施中!
 
お電話でのお問い合わせ(※携帯電話からもご利用頂けます。)
0120-255-302
カウンセリング予約 診療後のご相談 メール相談
美容皮膚科をお探しなら広尾プライム皮膚科
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー2F
診療日時:10:00~19:00(月~日・祝)
アクセス:山手線 恵比寿駅西口から徒歩5分/東京メトロ日比谷線 恵比寿駅から徒歩5分