ほくろ

ほくろとは?

ほくろ(黒子)は医学用語では色素性母斑(しきそせいぼはん)あるいは母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)と呼ばれています。
皮膚表面にメラニン色素を生成する細胞(=メラノサイト)が周囲より高い密度で集り、暗褐色または黒色の斑になり、形は半球状に隆起したものや平らなもの、毛が生えているものなど様々です。大きなものでは、先天性であることが多く、遺伝的要素も多いといわれています。比較的小さなものは後天的に発生することが多いです。
ほとんどは良性ですが、急に大きくなったり、出血したりするものは悪性の可能性がありますので、早期の診察をおすすめいたします。

ほくろが生まれる原因

先天的な原因 誕生~思春期くらいまで

  • 原因1遺伝

    遺伝的な原因でほくろができやすい(できにくい)体質があり、ほくろの多い親からは、子どもも多くなる傾向があります。

後天的な原因 思春期以降~

  • 原因1紫外線

    皮膚にはメラノサイトというメラニン色素をつくる細胞がありますが、通常は紫外線が当たると細胞が活性化し、紫外線を吸収するためメラニン色素を作り出し、日焼けを起こします。通常はこの状態ですが、なんらかの異常でメラニン形成細胞自体が傷ついてしまいメラニンを過剰につくり出した結果ほくろになります。

  • 原因2刺激

    擦れたり、圧迫や外傷などの外的刺激によって細胞が傷つくことがあります。刺激が続くことによって、メラノサイトというメラニン色素をつくる細胞が活性化することにより、ほくろになるといわれています。

ほくろの種類

ほくろの形状は隆起したもの、平らなもの、毛が生えているものなど様々あります。

色素性母斑

  • 黒褐色のあざのようになっている
  • 大きさがさまざまで毛が生える場合もある
  • 表面が盛り上がっているものもある

メラニン色素を持つ母斑細胞が増殖したものです。大小さまざまあり、中には毛が生えたり、表面が隆起したものもあります。黒、茶色だけでなく、周りの皮膚の色に近いものもあります。
ほとんどは良性ですが、急に大きくなったり、出血したりするものは悪性の可能性がありますので、早期の診察をおすすめいたします。

治療法はこちら

単純黒子(ほくろ)

  • 直径1㎝前後の平たい色素斑
  • 色や大きさが変わってきた
  • 足や爪にできはじめた

直径1センチ前後以下までの隆起しない褐~黒褐色の色素斑で、メラニン色素の過剰生成によっておこる単純黒子と老人性色素斑のごく初期の小さなもの。

治療法はこちら

ほくろの治療法

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー) レーザー治療

水分に反応するので、ほくろに照射すると瞬間的に治療部位がみるみると蒸散するようになくなり、盛り上がったほくろがほとんど出血をさせずに切除できます。
局所麻酔を使用しますので痛みの心配もありません。

詳しくはこちら 料金表はこちら

プライム式ほくろ治療

さまざまなほくろに対応!

当院では主にレーザーを使用してほくろ治療をおこないます。お顔をはじめ、ボディのさまざまな部位に対応しております。

 
再発しても半年間、再治療費無料!

当院のほくろ治療は、半年以内の再発治療は無料で受けていただけますので安心です。

 
女医がしっかり診察!

美容皮膚専門の女性医師が、お一人おひとりのほくろ状態を見極め、短時間の治療で肌を傷めず、傷跡の目立たせない治療をおこなっていきます。

 
 
すべての肌悩みを応援! 美肌サポートプラン
 
お電話でのお問い合わせ(※携帯電話からもご利用頂けます。)
0120-255-302
カウンセリング予約 診療後のご相談 メール相談
美容皮膚科をお探しなら広尾プライム皮膚科
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー2F
診療日時:10:00~19:00(月~日・祝)
アクセス:山手線 恵比寿駅西口から徒歩5分/東京メトロ日比谷線 恵比寿駅から徒歩5分