INFORMATION

WHAT’S NEW

    【新型コロナウィルスに関するお知らせ】

現在発生しているコロナウィルス感染症が広がっている状況を踏まえ、
患者様におかれましては、何かとご心配のことと存じます。

当院では予防に対する取り込みとして、院内随所に患者さま用の消毒液を常備、
各患者さまの施術終了後、毎回部屋の消毒を徹底し、スタッフにおきましては、
マスクを着用、手洗い、アルコール除菌等、感染防止に出来る限りの対策を
しております。

ご来院時に37.5℃以上の発熱や風邪症状(咳・のどの痛み・体のだるさ等)、体調に
不安のある患者さまにおかれましては、ご無理されないようお願いいたします。

医師・スタッフ一同、一刻も早く事態が収束することを心より願っております。


2020/5/8
    日本最大級のメンズ美容ポータルサイト「MOTEO」のAGA情報サイトに掲載されました!
    日本最大級のメンズ美容ポータルサイト「MOTEO」の脱毛情報サイトに掲載されました!

Monthly RecommendationNEW

2022.09.01 Thu - 2022.09.30 Fri
頬のたるみの原因とは?たるみをすっきりさせる方法や治療方法を紹介
×

美容皮膚科なら広尾プライム皮膚科クリニック 東京都渋谷区恵比寿 頬のたるみの原因とは?たるみをすっきりさせる方法や治療方法を紹介

お得情報

MENU ×
| 光・高周波・超音波治療 注入・メソセラピー・注射 肌再生治療 |医療法人社団広尾プライム

頬のたるみの原因とは?たるみをすっきりさせる方法や治療方法を紹介

年齢を重ねてくると、以前は気にならなかったような頬のたるみが目立つことに気づく人が増えてきます。頬のたるみが発生する原因や、たるみをすっきりさせる方法を知っておかなければ適切な対応がとれなくなり、たるみがますます悪化してしまいます。

そこで本記事では、頬のたるみが発生する原因や気になるたるみをすっきりさせる方法、具体的な治療方法について詳しく説明します。

頬のたるみが発生する原因とは?

頬のたるみが発生する原因には、大きく分けて以下の5つがあります。

これらの原因が頬のたるみに影響していると理解しておくことで、たるみにくい頬を維持できるようになるでしょう。ここからは、頬のたるみが発生する原因について、詳しく説明します。

表情筋の衰え

頬のたるみが発生する1つ目の原因は、表情筋が衰えるからです。年齢を重ねるとともに筋力は衰えてくるものですが、頬のたるみが目立たずいつまでも若々しい表情でいられる人は表情筋が衰えていない傾向があります。

普段から表情筋を鍛えていない人で頬のたるみが少ない人は、日常的に表情筋を使っているため自然と表情筋の力をキープできています。しかし、頬のたるみで悩んでいる人の多くは表情筋をうまく使えていないため、意識的に表情筋を鍛える必要があるのです。できるだけ長く若々しい肌を維持するためには、さまざまなエクササイズを取り入れて表情筋を鍛え、継続的に表情筋に刺激を与えるようにしましょう。

肌の弾力の低下

頬のたるみが発生する2つ目の原因は、肌の弾力の低下です。肌の弾力は、表皮の下に存在する真皮という部分が大きく関わっています。ここに含まれているコラーゲンやエラスチンが年齢をかさねるとともに少なくなってくるため、肌の弾力感が失われていくのです。

肌の弾力が失われると肌を従来の場所に留めておけなくなって、たるみへとつながっていきます。肌の弾力を維持して頬のたるみを予防するためには、コラーゲンやエラスチンを保持することが重要になるのです。

顔の表面の乾燥

頬のたるみが発生する3つ目の原因は、顔の表面の乾燥によるものです。顔の表面が乾燥すると、皮膚の角質層が保持できなくなり、剥がれ落ちやすくなってしまいます。角質層が剥がれ落ちると皮膚に隙間ができてしまい、保持していた水分が外へ蒸発していくのです。皮膚の中に保持している水分が少なくなればなるほど、コラーゲンやエラスチンが変性したり減少したりするため、頬がたるみやすくなります。そのため、日頃から肌の保湿に心がけるようにして皮膚に含まれる水分を逃がさないようにしていれば、頬のたるみを予防でき若々しい肌を維持しやすくなるでしょう。

【皮膚科医のワンポイントアドバイス】
乾燥は意外と知られていないたるみの原因です。特に冬など乾燥がひどくなる季節は、意識的に肌を保湿してあげましょう。

紫外線によるダメージ

頬のたるみが発生する4つ目の原因は、紫外線によるダメージによるものです。皮膚の弾力を保持するために必要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は、線維芽細胞から作られます。線維芽細胞はコラーゲンを繊維束にして真皮を形作ることに役立っていると言われる一方、皮膚に過剰な紫外線が当たるとダメージを受けコラーゲンが変性してしまい、正常な肌を作れなくなってしまいます。

また、紫外線に多くさらされることで皮膚の内部に活性酸素がたくさん生成されます。活性酸素はコラーゲンやヒアルロン酸といった、肌のハリを維持するために重要な成分にダメージを与えるものです。これによって皮膚の弾力が維持できなくなり、頬のたるみが進行してしまいます。

頬に溜まった老廃物

頬のたるみが発生する5つ目の原因は、頬に溜まった老廃物です。老廃物が原因となって頬がたるむことは、あまり知られていません。老廃物は、年齢を重ねることで増えるだけでなく、ストレスによっても蓄積されると言われています。

頬に老廃物が溜まってしまうと周辺の血流やリンパの流れが悪くなってしまい、頬がむくんでしまいます。むくみが持続したり悪化したりすると、最終的には頬のたるみに繋がってしまうのです。そのため、ストレスとうまく付き合うように考え方や生活パターンを変えてみたり、適度な運動やマッサージなどで老廃物を溜め込まないようにしたりすることが大切です。それにより頬のむくみが予防できるようになり、たるみにくい肌の維持につながるでしょう。

頬のたるみは生活習慣からも発生する

頬のたるみは年齢を重ねていくことや紫外線や乾燥といった要因でも発生しますが、生活習慣が原因となって頬がたるむケースもあるのです。頬がたるみやすい生活習慣には、以下の2つがあります。

これらの生活習慣が頬のたるみの原因になっていることを知っておくことで生活習慣を見直して、たるみにくい頬を維持できるようになるでしょう。頬のたるみの原因となる生活習慣について、詳しく説明します。

下を向く姿勢を長時間とっている

頬のたるみの原因となる1つ目の生活習慣は、下を向く姿勢を長時間とっていることです。スマートフォンが普及するようになってから、長時間下を向く人が増えてきました。このような姿勢を続けていると、口まわりやあご周りがたるみやすくなってしまうのです。また、このような生活習慣を持っている人は口周りの筋肉を動かす機会も少なくなっている傾向があります。そのため、頬の周りに老廃物が溜まりやすくなり、さらにたるみを助長してしまいます。

このような生活習慣に当てはまるという人は、適度に顔を上に向けたり顔の筋肉を動かしたりすることで、血行を促進して老廃物を流すのが大切です。また、日頃から下を向く姿勢を避けることで、頬がたるみにくい生活習慣を獲得できるようになります。

片方の歯で噛むクセがある

頬のたるみの原因となる2つ目の生活習慣は、片方の歯で噛むクセが挙げられます。多くの人は両方の歯を使って食事をしますが、片方の歯で噛むクセがある人は表情筋を使う部分が偏っています。そのため、食べ物を噛んでいない側の筋肉が衰えてしまい、周辺の頬がたるんでしまうのです。

食事中の習慣を変えるのは簡単ではありませんが、今以上に頬のたるみを悪化させないためにも少しでも早く噛み癖を修正することが大切になります。とはいえ、無意識のうちに噛み癖が元に戻ってしまうこともあります。そのため、可能であれば身近な人に注意深く見てもらうように伝えておいて、こまめに指摘してもらうようにするといった対策をとっても良いでしょう。

頬のたるみをすっきりさせるには時間がかかる

頬のたるみの原因が肌だけの問題であれば、原因を解消するまで時間はかかりにくいものでしょう。しかし、多くの場合頬のたるみは筋肉や骨が原因となっているため、ほとんどのケースにおいて、たるみをすっきりさせるのには時間がかかると言えます。

自力で頬のたるみを改善させるためには、エクササイズや美肌ケア、たるみに効果的な化粧品を使用するなど、適切な方法で持続的に取り組む必要があります。そのため、費用や時間がかかってしまい、頬のたるみを諦めてしまう人がいるのも現状です。気がついた時に既にたるみがひどくなってしまっている人が多く、頬のたるみを根本的な改善に導くには一度皮膚科に相談してみた方が良いでしょう。

【皮膚科医のワンポイントアドバイス】
すぐに皮膚科を受診できないという人でも、口を「あ」「い」「う」の形に大きく動かすだけで、手軽に頬のたるみを抑える効果が期待できます。特別な道具を使用する必要がないので、ぜひ試してみてください!

美容皮膚科でできる頬のたるみの治療方法とは?

美容皮膚科で頬のたるみを治療しようと考えている場合、どのような治療方法があるかを知っておくことはあなたに合った治療を選ぶために重要です。美容皮膚科での具体的な治療方法には、以下の4つがあります。

これらの治療方法の特徴を知っておけば、あなたの悩みに合った治療方法を選びやすくなり安心して治療を進められるようになるでしょう。ここからは、美容皮膚科でできる頬のたるみの治療方法について詳しく説明します。

ダブロ(ハイフ)

1つ目の治療方法は、ダブロです。この治療方法はハイフとも呼ばれており、以下の3つの特徴があります。

ダブロの特徴を知っておくことでこの治療方法を選ぶメリットを把握でき、悩みに対しての適切なアプローチがとれるでしょう。ではダブロの特徴について、詳しく説明します。

筋肉層までアプローチできる

ダブロの1つ目の特徴は、筋肉層までアプローチできることが挙げられます。頬のたるみを改善させる治療方法によっては、アプローチ範囲が皮膚までになっているものも多くなっています。しかしダブロでは高密度焦点式超音波療法によって、筋肉層に直接アプローチできるため熱エネルギーを深い部分まで届けられるのです。

体の深い部分にアプローチすることによって、頬のたるみを持ち上げるために重要な役割を持っているコラーゲンの効率的に生成につながります。体の内側からしっかりと皮膚を持ち上げ、たるみに対して根本的な改善が見込める治療法です。

皮膚の土台からたるみにくい肌に近づけられる

ダブロの2つ目の特徴は、皮膚の土台からたるみにくい肌に近づけられることです。たるみの原因となっている部分を明らかにしたら、ダブロでその土台となっている部分に直接アプローチします。肌の表面が原因となって頬がたるんでいるのであれば、違ったアプローチ方法を選択します。しかし、土台となる筋肉が緩むことによって頬がたるんでいるのであれば、ダブロで集中的にタンパク質を縮めて筋肉を引き締めていきます。治療前にしっかりとカウンセリングを行い、頬のたるみの原因を明らかにしてから、ダブロでの治療を進めていくようにすることが大切です。

メスが不要なのでダメージを抑えられる

ダブロの3つ目の特徴は、メスが不要なのでダメージを抑えられることです。頬のたるみに対する治療方法によっては、メスで皮膚を切開してからたるみの原因にアプローチしていくものもあります。しかし、メスで肌を傷つけてしまうと痛みが強く発生したり、傷跡が気になったりするため、満足いく治療にならないケースがあるのです。

その点ダブロでは、メスを使わずに頬のたるみにアプローチできるため、痛みを最小限に抑えて治療を進められます。またたるみの改善効果も、メスを使用してリフトアップ手術をした時と同等になっているため、ダブロを選ぶメリットは大きいと言えるでしょう。

ヒアルロン酸

2つ目の治療方法は、ヒアルロン酸注射による治療です。この治療方法には、以下の2つの特徴があります。

ヒアルロン酸注射をする治療方法はダブロとは異なるアプローチになりますが、この治療方法の特徴を知っておくと治療方法を比較しながら選べるようになります。ここからは、ヒアルロン酸注射の特徴について詳しく説明します。

痛みが少ないのが魅力

ヒアルロン酸注射の1つ目の特徴は、痛みが少ないことが挙げられます。クリニックによっては痛みを感じにくい極細の針を使用しているところもあり、従来よりも注射の痛みが非常に少なくなっています。そのため、注射が怖いという人や注射が苦手だという人でも、気にならずに治療を進められるのがメリットです。

また注入剤に麻酔を混ぜることで、さらに麻酔時の痛みを少なくできるようになっているのも魅力。同時に薬剤を注入するときの不快感も軽減するため、より落ち着いた気分で治療に専念できるようになります。さらにどうしても痛みが心配だという人は、注射前に麻酔入りのクリームを塗ったり、麻酔入りのテープを貼ったりすることで、注射時の痛みをほとんど感じないようにすることも可能。その場合、麻酔が効くまでにある程度の時間がかかるため、時間に余裕を持って通院する必要があることを知っておきましょう。

種類豊富な注入剤で効果的な治療が受けられる

ヒアルロン酸注射の2つ目の特徴は、注入剤が豊富なので効果的な治療が受けられます。クリニックによっては注入剤の種類が限られており、肌の状態に本当に適している薬剤を使ってもらえない場合もあります。そのため、品質の高い豊富な注入剤を用意しているクリニックを選ぶのが望ましいです。

注入する薬剤を選ぶ際は、しっかりとカウンセリングを受けて肌質や治療に求めるニーズを共有することが大切になります。注入剤によってはヒアルロン酸の硬さが異なるため、適切な注入剤を選べないことにより思ったような治療効果が得られない場合も。また、注入剤によって効果の持続時間が異なるため、一時的な効果ではなく長期的な効果に関しても視野に入れながら、使用する薬剤を選んでいくことも大切になります。

イーロスプラス

3つ目の治療方法は、イーロスプラスでの治療です。この治療方法にも、他の治療方法とは違った特徴があります。イーロスプラスで治療することによって得られるメリットを知っておけば、他の治療と比較しながら、あなたのニーズに合った方法で頬のたるみを改善させられるでしょう。ここではイーロスプラスの特徴について、詳しく説明します。

効率的に頬の弾力を取り戻せる

イーロスプラスで頬のたるみにアプローチすると、効率的に頬の弾力を取り戻すことが期待できます。イーロスプラスは、高周波を使用して肌の真皮層までエネルギーを届ける治療法です。それによって線維芽細胞を強力に刺激し、コラーゲンの生成速度を高められるようになります。さらに、イーロスプラスにケミカルピーリングとビタミンCイオン導入を組み合わせれば、肌のハリを取り戻すスピードが大幅に上がることが期待できます。より早く治療効果を実感したいという人は、複数の治療方法を組み合わせると良いでしょう。

イーロスプラスで頬のたるみの治療を進めていくと、同時にシミやそばかすを防いだり肌のくすみを改善させてくれたりする効果も期待できます。肌のたるみをすっきりさせながら、美しい肌質も手に入れたいという人にとっては、イーロスプラスで治療するメリットは大きいと言えます。

フレンチショットスキンリニュー

4つ目の治療方法は、フレンチショットスキンリニューです。この治療方法はイントラダーマル・インジェクターU225を使用して、頬のたるみに効果的な薬剤を注入していくものです。この治療方法も他の治療方法とは違った特徴があり、頬のたるみに悩む多くの人のニーズに合った治療となっています。ここからは、フレンチショットスキンリニューについて詳しく説明します。

刺入点の多さが特徴

フレンチショットスキンリニューの1つ目の特徴は、刺入点が多いことです。従来のたるみ治療方法であるナパージュ法や水光注射は刺入点が少ないことから、効果が限局的だったりたるみの変化にムラが出たりするケースがありました。しかし、フレンチショットスキンリニューでは多くの刺入点でアプローチできるため、少ない痛みでまんべんなく薬剤を注入できます。それによって、たるみ改善効果が均一的になり、より自然な肌を手に入れられるようになるのです。

早期から効果を感じられる

フレンチショットスキンリニューの2つ目の特徴は、早期から効果を感じられることです。肌の弾力を取り戻して肌のたるみを改善させるためには、古い皮膚を落として新しい皮膚を生成するターンオーバーを早めなければなりません。フレンチショットスキンリニューでは、ヒアルロン酸に加えて肌の潤いや弾力の改善や肌の再生、肌の透明感の促進効果が期待できるAAPEを注入したり、肌のリフトアップ効果やたるみの改善が期待できたりするDMAEを注入します。それによって細かい創傷治癒(マイクロウンドヒーリング)を促せるようになり、肌のターンオーバーが最大限に早まるのです。さらには早期から効果を感じられ、治療回数を重ねていくことで頬のたるみに対して根本的な部分から改善を進めていきます。

まとめ

本記事では頬のたるみが発生する原因や、気になるたるみをすっきりさせる方法、具体的な治療方法について詳しく説明しました。頬がたるむ原因を知っておくことで、適切な方法でたるみを予防できるようになり若々しい肌を維持できるようになります。

また、頬のたるみの程度や原因によっては根本的な治療が必要になるため、皮膚科に相談したほうが良いケースもあります。あなたの肌質や症状によって選ぶべき治療方法が変わってくるため、しっかりとカウンセリングを行い適切な治療方法を選べるようになっておくことが大切です。ここで説明した内容を参考にして、頬のたるみを改善できる方法が分かるようになり適切な対処方法がとれるようになってください。

MEMBER’S

DOCTOR RECOMMEND 医師の推薦

French shot SkinReNEW フレンチ ショット スキン リニュー

美肌
リフトアップ

日本初!最新 無痛しわ・たるみ治療
初回71,500(税込)
59
OFF

ACCESS & CONTACT アクセス

〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-1-39
恵比寿プライムスクエアタワー2F
(googleマップはこちら)
0120-255-302 年中無休 10:00 - 19:00  ( 月~日・祝/年末年始除く)
JR山手線・埼京線 恵比寿駅西口
徒歩5分
東京メトロ(地下鉄日比谷線)恵比寿駅1番出口
徒歩6分

恵比寿プライムスクエアタワーB1F駐車場に車寄せあり
恵比寿プライムスクエアタワーB1F駐車場をご利用下さい
駐車料金:¥500 / 30分

CONNECT