INFORMATION

WHAT’S NEW

    【新型コロナウィルスに関するお知らせ】

現在発生しているコロナウィルス感染症が広がっている状況を踏まえ、
患者様におかれましては、何かとご心配のことと存じます。

当院では予防に対する取り込みとして、院内随所に患者さま用の消毒液を常備、
各患者さまの施術終了後、毎回部屋の消毒を徹底し、スタッフにおきましては、
マスクを着用、手洗い、アルコール除菌等、感染防止に出来る限りの対策を
しております。

ご来院時に37.5℃以上の発熱や風邪症状(咳・のどの痛み・体のだるさ等)、体調に
不安のある患者さまにおかれましては、ご無理されないようお願いいたします。

医師・スタッフ一同、一刻も早く事態が収束することを心より願っております。


2020/5/8
    日本最大級のメンズ美容ポータルサイト「MOTEO」のAGA情報サイトに掲載されました!
    日本最大級のメンズ美容ポータルサイト「MOTEO」の脱毛情報サイトに掲載されました!

Monthly RecommendationNEW

2022.05.01 Sun - 2022.05.31 Tue
まぶたのたるみは放っておくと危険?原因や対策を徹底解説
×

美容皮膚科なら広尾プライム皮膚科クリニック 東京都渋谷区恵比寿 まぶたのたるみは放っておくと危険?原因や対策を徹底解説

お得情報

MENU ×
| 光・高周波・超音波治療 注入・メソセラピー・注射 |医療法人社団広尾プライム

まぶたのたるみは放っておくと危険?原因や対策を徹底解説

■本文
「目は口ほどにものを言う」ということわざもあるように、顔のパーツの中でも目は印象を大きく左右する部分です。

たるみやシワなど見た目の年齢を決定づける症状が多いアイゾーンは、お悩みがつきない場所。更に、目元は皮膚が薄く摩擦の影響を受けやすいので、老化が進行しやすい特徴もあります。お悩みを放っておくと老化症状が深刻化してしまう場合もありますので、早めの対策は必須です。

今回は、目元のお悩みの中でも「まぶたのたるみ」にポイントをしぼりました。たるむ原因や改善策を解説していきますので、お悩み解決に向けてしっかりと理解を深めていきましょう。合わせてご自宅でできるケア方法や、目元の注意点についてもご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

瞼(まぶた)のたるみやむくみは目力を半減させる!

前述した通り、目は顔全体の印象を大きく変えてしまうパーツです。瞼(まぶた)がむくんでいれば、目がぱっちり開かず相手に疲れた印象を与えてしまいます。

更に「まぶたのたるみ」が定着してしまえば、シワを一層濃くし、目力も半減させてしまうでしょう。イキイキとした印象が失われれば、一気に老けて見えてしまう恐れもあります。眉と目の距離が開くことで、間延びした印象も与えてしまうでしょう。

特に「まぶたのたるみ」はひどくなると目の開きづらさにも関わってきます。まぶたが覆いかぶさり視界が悪くなると、あごをやや上げて見下したような姿勢になってしまいがちです。相手によっては悪い印象を持つ人もいるので、たるみは早めに対策しましょう。

病気とは異なる偽眼瞼下垂とは?

気を付けたいのは、「まぶたのたるみ」は病気の可能性もあることです。「眼瞼下垂(がんけんかすい)」という病気は、まぶたにある筋肉や腱膜、神経に異常が起きることで発症します。眼瞼挙筋が生まれつき発育不十分な場合に起きる先天性の眼瞼下垂もありますので、若い方でも発症する可能性のある病気です。

一方、筋肉や腱膜などに異常がないのに目が開きづらい症状は「偽眼瞼下垂」とも呼ばれます。主な原因は、まぶたの皮膚が加齢によりたるむことで生じるものです。「まぶたのたるみ」が病気か否かは専門医でないと判断しづらいので、気になる場合は早めに医療機関に相談しましょう。

瞼(まぶた)がたるむ4つの主な原因

いつまでも若々しい見た目を維持するためにも、深刻化させたくない「まぶたのたるみ」。まずは、たるみが生じる原因を理解することで、適切な対策ができます。今回は次の4点に着目して解説していきます。

「まぶたのたるみ」は老化現象だから致し方ないことと思われがちですが、日々の生活習慣の積み重ねによって症状が進行してしまう場合もあります。原因を理解しながら、普段の生活も併せて見直していきましょう。

目元周りのハリ・弾力の減少

1つ目は、先にも触れましたが皮膚のたるみが原因です。皮膚の真皮層内には線維芽細胞があり、コラーゲンやエラスチンなどを生成しています。しかし、加齢とともに機能は衰えていき、生成量はみるみる減少。肌のハリを維持するコラーゲン、弾力を保つエラスチンが減少していけば、真皮層が縮み表皮を支えきれなくなります。結果、重力に負けまぶたの皮膚にたるみが発生してしまうのです。

真皮層内で生成されるものとしてヒアルロン酸もあります。ヒアルロン酸は保水作用のある物質なので、減少するとたちまち目元の乾燥を進行させてしまいます。目元は皮膚が薄いことから乾燥しやすく、放っておくとシワやたるみを形成してしまうのです。

【皮膚科のワンポイントアドバイス】
線維芽細胞の生成機能を衰えさせるのは加齢だけではありません!紫外線も線維芽細胞にダメージを与えるので、日頃のケアは重要です。特に紫外線A波(UVA)は、真皮層まで到達する紫外線なので注意しましょう。窓ガラスも透過するので、家の中にいても油断は禁物です。

まぶたを支える筋肉の衰え

加齢により目の周りの筋肉が衰えることで生じる「まぶたのたるみ」もあります。まぶたを持ち上げる筋肉は、眼瞼挙筋とミュラー筋の2つです。ただし、加齢やコンタクトレンズの長期着用による刺激、目をこするなどの行為で、筋肉は薄くなり伸びていってしまいます。徐々にまぶたを持ち上げる機能が低下することで、たるみが引き起こされるメカニズムです。

特にミュラー筋はまぶたの裏側にある筋肉のため鍛えることが難しく、放置しておくと眼瞼下垂に移行することもあります。

頭皮のコリが招く皮膚のたるみ

「まぶたのたるみ」は目元に原因があると思われがちですが、実は頭皮が原因の可能性もあります。筋肉は筋でつながっているので、別の筋肉が凝り固まると他の部位にも影響を及ぼすからです。長時間のパソコン操作などで頭皮の筋肉にコリが生じると、おでこの筋肉にも響いていきます。おでこの筋肉である前頭筋が凝ってしまうと、皮膚を支える力が正常に働かなくなり、たるみが生じるのです。

おでこのシワ形成だけでなく、症状が進むと「まぶたのたるみ」へつながっていきますので気を付けましょう。

下まぶたのたるみに関わる眼窩脂肪

クッションのように眼球を支えている脂肪を眼窩脂肪と呼びます。通常、脂肪は目の周りを覆っている眼輪筋という筋肉で支えられていますが、年齢を重ねることで皮膚の弾力が低下したり、眼輪筋の筋力が衰えたりすると脂肪が支えきれなくなり、たるみとなって出現します。主に「下まぶたのたるみ」として現れる症状です。

また、筋肉のつき方や骨格が原因となって、眼窩脂肪が前方に突出することもあります。若い方でもたるみが生じる可能性がありますので注意しましょう。

今すぐ始められるまぶたのケア方法とは?

まぶたがたるむ原因は様々あることがわかっていただけたかと思います。もちろん加齢によって起こってしまう防ぎようのない「たるみ」もありますが、毎日のストレスや疲労、間違った生活習慣も進行させる要因です。

原因に応じたケア方法を日頃から行っていれば、たるみに負けない肌作りへつながっていきます。ここではご自宅で今すぐ始められるケア方法を解説していきますので、参考にしてみて下さいね。

初期段階からケアをすれば、たるみの進行を遅らせることも可能。今からでも遅くありませんので、チャレンジしてみましょう。

蒸しタオルで温めて目元の血流を促す

まぶたの疲れを緩和するには、目元の血流促進が重要です。長時間のパソコン作業やスマートフォン操作などで目を酷使していると、目の周りの筋肉はどんどん凝り固まっていきます。筋肉が凝っていれば血流が悪化し、「たるみ」の原因となりえます。

血流を促進するには、蒸しタオルで目元を温めるのが効果的です。顔や首もほんのり温まるので、緊張を解いてくれリラックス効果も期待できます。蒸しタオルを準備するのが難しい場合は、市販のホットアイマスクなどで代用してみましょう。

【皮膚科のワンポイントアドバイス】
蒸しタオルと冷水で冷やしたタオルを交互にあてる方法もおすすめです。より血行の促進効果が見込めますよ。

まぶた周辺の筋肉を鍛えるエクササイズ

前述した通り、「たるみ」の原因は目の周りの筋肉が衰えることなので、表情筋を鍛えるエクササイズは有効的です。もちろんミュラー筋のように自律神経で働く筋肉は鍛えられませんが、自分の意思で動かせる筋肉はアプローチが可能になります。

表情筋を鍛える方法として、ウィンクをする動作や眉の上げ下げ運動などを行ってみましょう。正面を見て、目をゆっくりと細めていくエクササイズは眼輪筋の強化におすすめです。目を細めた状態で10秒ほどキープする動作を5回ほど繰り返してみて下さい。

【皮膚科のワンポイントアドバイス】
エクササイズが難しい人は、スキンケアのタイミングでマッサージを取り入れるのも簡単で続けやすいです。リフトアップしたいところを少しだけ力を入れて引き上げてみましょう。力の入れすぎは禁物で、筋肉を意識しながら触るのがポイントです。

美容成分による日々のケア

まぶたのハリや弾力にアプローチできる成分をスキンケアとして取り入れる方法もあります。具体的には、コラーゲンやビタミンC、レチノールなどの成分です。コラーゲンの生成量は年齢とともに減っていきますので、外側からもケアをしていきましょう。ビタミンCはコラーゲンとの相性もよく、他の成分の働きをサポートしてくれます。

特におすすめはレチノールです。レチノールは新陳代謝の正常化を促進する働きが注目されています。普段からのケアとして、レチノール配合のアイクリームなどを積極的に取り入れてみましょう。乾燥しやすい目元はシワができやすい部分でもあります。保湿もしっかりと行うことが重要です。

入念な紫外線対策

コラーゲンやエラスチンを壊してしまう紫外線もしっかりとケアが必要です。真皮層にまで届く紫外線A波(UVA)は、1年中一定の紫外線量があります。夏だけではなく、秋や冬にも紫外線対策を欠かさず行うように心がけしましょう。また、汗などで日焼け止めの効果が薄れてしまうので、こまめに塗りなおすのが重要です。

日焼け止めを選ぶ際には、SPFとPAの値に注意するようにしましょう。SPFは紫外線B波(UVB)に対する防止効果を表した指標で、数値が大きいほど効果が高くなります。波長の短い紫外線B波(UVB)は表皮までしか届きませんが、シミや色素沈着の原因となりえる恐ろしい紫外線です。日中に長く屋外で過ごす場合は「SPF50」を選ぶとよいでしょう。

一方、PAは紫外線A波(UVA)の防止効果を表す指標です。「+」が増えるほど、紫外線防止効果が見込めます。通常の日常生活では、「PA++」で充分です。ただし、SPFとPAの値が強いほど、肌にかかる負担は大きくなります。常に紫外線防止効果の強いタイプをつけるのではなく、日によって紫外線を変えるのがベストです。

デリケートなまぶたのケアは注意が必要!

ケア方法をいくつかご紹介してきましたが、いかがでしたか?ただし、目元は非常にデリケートなため、気を付けなければいけない場所です。顔の皮膚は場所によって皮膚の厚みが変わってきますが、目周りは特に皮膚が薄い部分になります。特に目の下はことさら薄いので、扱いには注意が必要です。

皮膚が薄い分、表情筋の衰えや乾燥の影響を受けやすく、強くこするなどの摩擦はシワやたるみなどのトラブルを引き起こす可能性があります。セルフケアを行う際には、余計な刺激を与えないよう丁寧に実践してみましょう。

たるみが怖いからと言って何度も触るような過剰なケアも禁物です。繊細なパーツと充分に理解した上で、取り組んでみて下さい。

たるみの放置はおでこのシワ形成につながる

恐ろしいことに「まぶたのたるみ」は、おでこのシワにつながる可能性もあります。目を見開いた時に、おでこにシワがよる人は要注意。まぶたの筋肉を使わずに、おでこの筋肉を使って目を開こうとすることで、おでこに横ジワがよってしまうのです。放置していると更に目の筋肉は衰えていき、おでこのシワが定着してしまいます。

「ケアしすぎると進行してしまうかも」という恐怖から何もしないでいると、目元だけでなくおでこまでトラブルが進行してしまいます。扱いが難しい目周りは、自分自身でのケアも重要ですが、専門医に聞くことも1つの手ですよ。

まぶたのお悩み改善には美容医療を検討!

デリケートな上に、放置すると進行しやすい「まぶたのたるみ」。「結局、どうしたらいいのか」と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。より積極的に改善していきたい人は美容医療を検討してみるのもよいでしょう。

実際に美容医療におけるまぶたのたるみ治療には、様々な方法があります。それぞれ治療の特性や期待できる効果も多様ですので、たるみの症状に合わせて選定するのが基本です。治療によってはすぐに化粧が可能な施術もありますので、術後の状況も見比べて検討してみましょう。それぞれの治療の特徴を解説していきますので、あなたに合った治療法を見つけみて下さい。

目の下のくすみにも!イーロスプラス

イーロスプラスとはフォトフェイシャル機能に高周波(RF)の機能を加えた美容機器です。深達度と熱作用が異なる2種のアプリケーターを用い、治療していきます。

たるみには、赤外線(IR)と高周波エネルギー(RF)のアプリケーターを使用します。肌の深層部まで熱を届けるのが特徴です。真皮層にある線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンの生成を促進します。ビタミンCのイオン導入を組み合わせると、より弾力アップに期待できるでしょう。

光エネルギー(IPL)と高周波エネルギー(RF)を組み合わせてアプリケーターでは、皮膚層の浅い部分にアプローチ。しみの色素であるメラニンも含む表皮に届くことで肌の代謝を促進し、透明感のある素肌へと導きます。一度の施術で毛穴やハリへ同時にケアできるので、たるみだけでなくトータルでアンチエイジングしたい人にも向いています。

筋層まで届かせるたるみ治療!ダブロ(ハイフ)

ダブロ(ハイフ)は、皮膚の更に奥の筋肉層にアプローチできるたるみ治療法です。超音波のエネルギーを一点に集中させる高密度焦点式超音波療法を採用した美容機器を使い治療していきます。

熱エネルギーがSMAS層(筋層)に届くと、筋層のたんぱく質が縮むことで、筋肉が引き締まります。SMAS層(筋層)は皮膚を支えている部分になりますので、たるみの改善が期待できるのです。更にハリを保つコラーゲンの生成も促されるこので、効率のよいリフトアップ効果が見込めます。

場合によっては施術後のお化粧も可能ですので、治療のタイミングを気にしすぎることなく施術を受けられます。

【皮膚科のワンポイントアドバイス】
当院ではダブロ(ハイフ)認定医が施術を担当しています。高い技術力を治療に活かしていますので安心して下さい。

まぶた(上瞼)の凹みにも!ヒアルロン酸注入

お悩みに合わせて適切なヒアルロン酸を注入する方法です。

たとえば、「下まぶたのたるみ」にはやわらかく肌馴染みのよい「リデンシティ」というヒアルロン酸を注入することで、目元にハリと潤いを与えていきます。従来のヒアルロン酸は、へこんだ部分を盛り上げる意味合いが強かったものですが、「リデンシティ」は美容成分をたっぷり含んでいるのが特徴です。抗酸化物質をはじめ、ビタミン、ミネラルを含み、くすみのない弾力のある肌へと導いてくれます。

「リデンシティ」はハリを失ったことで生じるまぶたの凹みにも効果が期待できます。目元専用に作られた薬剤のため、自然な仕上がりかつ安心して施術を受けられます。

浅い皮膚層に薬剤注入!フレンチショットスキンリニュー

フレンチショットスキンリニューとは、「イントラダーマル・インジェクターU225」という美容機器を用いて薬剤を注入する方法です。皮膚の浅い層にまんべんなく注射していく治療法なので、デリケートな目元にも施術が可能。

使う薬剤は、ヒアルロン酸、サイトカインAAPE˞®、DMAEの3種類です。保水成分であるヒアルロン酸と、脂肪幹細胞上清液のサイトカインAAPE˞®で肌質の改善を行いながら、筋肉の引き締め効果が期待されるDMAEでたるみにもアプローチします。一度の施術で肌のハリや透明感アップにも期待できる注目の治療法です。

目元の治療においては、目元専用製剤のECPRも用います。まぶたや目の下などのデリケートな部分でも、際のギリギリまで薬剤を注入できるため、より効果が見込めます。

治療名 方法 期待できる施術効果
イーロスプラス 高周波(RF)、光エネルギー(IPL)、赤外線(IR)を組み合わせて照射 まぶたのたるみ、目の下のくすみの改善
ダブロ(ハイフ) 高密度焦点式超音波療法を採用した美容機器で照射 まぶたのたるみの改善
ヒアルロン酸注入 部位に合わせたヒアルロン酸を注入 下まぶたのたるみ、目元周りの凹みの改善
フレンチショットスキンリニュー ヒアルロン酸、サイトカインAAPE˞®、DMAEの3種類の薬剤、目元専用の薬剤ECPRを注入 まぶたのたるみの改善、肌全体の透明感やハリ

目元周りのお悩みは細かい上に、いくつかの症状が複合的に起こっている場合があります。改善したい部分だけでなく、他の悩みにもトータルでアプローチできるメニューを選ぶと効率がよいですね。

どんな治療が適しているか知りたい方は、クリニックでカウンセリングを受けましょう。

まとめ

顔の印象を大きく変えてしまう「まぶたのたるみ」。たるみを放置しておくと、無意識におでこを使ってまぶたを持ち上げるようになり、別の部分にシワを形成してしまう場合もあります。更に、おでこの筋肉を酷使していれば、疲労が蓄積し頭痛や肩こりを併発しかねません。

見た目だけでなく、健康面にも悪影響が出る可能性がある「まぶたのたるみ」は早めの対策を心がけましょう。

MEMBER’S

DOCTOR RECOMMEND 医師の推薦

French shot SkinReNEW フレンチ ショット スキン リニュー

美肌
リフトアップ

日本初!最新 無痛しわ・たるみ治療
初回71,500(税込)
59
OFF

ACCESS & CONTACT アクセス

〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-1-39
恵比寿プライムスクエアタワー2F
(googleマップはこちら)
0120-255-302 年中無休 10:00 - 19:00  ( 月~日・祝/年末年始除く)
JR山手線・埼京線 恵比寿駅西口
徒歩5分
東京メトロ(地下鉄日比谷線)恵比寿駅1番出口
徒歩6分

恵比寿プライムスクエアタワーB1F駐車場に車寄せあり
恵比寿プライムスクエアタワーB1F駐車場をご利用下さい
駐車料金:¥500 / 30分

CONNECT