INFORMATION

WHAT’S NEW

    【新型コロナウィルスに関するお知らせ】

現在発生しているコロナウィルス感染症が広がっている状況を踏まえ、
患者様におかれましては、何かとご心配のことと存じます。

当院では予防に対する取り込みとして、院内随所に患者さま用の消毒液を常備、
各患者さまの施術終了後、毎回部屋の消毒を徹底し、スタッフにおきましては、
マスクを着用、手洗い、アルコール除菌等、感染防止に出来る限りの対策を
しております。

ご来院時に37.5℃以上の発熱や風邪症状(咳・のどの痛み・体のだるさ等)、体調に
不安のある患者さまにおかれましては、ご無理されないようお願いいたします。

医師・スタッフ一同、一刻も早く事態が収束することを心より願っております。


2020/5/8
    日本最大級のメンズ美容ポータルサイト「MOTEO」のAGA情報サイトに掲載されました!
    日本最大級のメンズ美容ポータルサイト「MOTEO」の脱毛情報サイトに掲載されました!

Monthly RecommendationNEW

2022.05.01 Sun - 2022.05.31 Tue
お肌の大敵!「抗糖化」「抗酸化」とは?
×

美容皮膚科なら広尾プライム皮膚科クリニック 東京都渋谷区恵比寿 お肌の大敵!「抗糖化」「抗酸化」とは?

お得情報

MENU ×
| おすすめ |スタッフ

お肌の大敵!「抗糖化」「抗酸化」とは?

みなさんこんにちは(*’ω’*)

だいぶ日差しが強くなってきて紫外線対策をしっかりする季節となってきましたね!!

紫外線が お肌を老化させる原因となる事はみなさんもご存知かと思いますが
今回は 内側からのケアをご紹介します。

「肌の酸化」「肌の糖化」
この言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

 

「肌の酸化」とは

金属のように体が錆びる事です。

抗酸化物質を含む食べ物を摂ることで、体の酸化を防ぎ老化防止に。

★抗酸化作用の高い栄養素.食品★

《ポリフェノール》

活性酸素を無害化する作用があります。ポリフェノールは植物の色素の総称で、何千種類もあるといわれています。

アントシアン(ブルーベリー、赤ワイン、紫芋) カテキン(緑茶)

大豆サポニン(大豆、納豆、豆乳、おから) クルクミン(ウコン茶、カレー粉)

水に溶けやすく、多量に摂取してもその効果は2~3時間しか持続しないので、こまめに摂ることがおすすめです。

《ビタミンA、C、E》

抗酸化ビタミンといわれ、紫外線やストレス、喫煙などによって生じる過酸化脂質を抑制し、酸化によって傷ついた 細胞の回復を早める働きがあります。

★ビタミンA

おもに動物性食品に含まれるレチノールと緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンがあります。レチノールは摂り過ぎると 肝臓に蓄積され、肝臓障害につながる心配があります。一方、βカロテンは必要な分だけビタミンAに変換され、過剰症 の心配はありませんのでしっかり摂りたいものです。しかし、腸管での吸収率が低い栄養素なので、油脂と一緒に摂るこ とで吸収率を高めましょう。緑黄色野菜は油炒めしたり、肉と一緒に調理することがおすすめです。

モロヘイヤ、人参、西洋カボチャ、大根葉、

小松菜など

★ビタミンE

植物油(ひまわり油・やし油・べに花油など)、種実類(ごま・アーモンド・ピーナッツなど)

緑黄色野菜を炒めて食べると、他のビタミンも同時に摂れて効果的です。

ひまわり油、サフラワー油、コーン油など種実からとった植物油に豊富に含まれています。コレステロールのもとになり

やすい動物性油脂(ラードやバターなど)の代わりに調理に使うといいでしょう。

しかし、油は酸化しやすいので、古い油は使わないように注意しましょう。

西洋カボチャ、うなぎの蒲焼、赤ピーマン

植物油(ひまわり油、やし油、べに花油)

種実油(アーモンド、ごま、ピーナッツ)

★ビタミンC

ビタミンCは水溶性なので、生で食べるのがオススメ!水洗いする場合は、洗い過ぎないようにしましょう。

水に溶けやすく、熱に弱い性質があり、調理法によっては半減することもあるので、多めに摂りましょう。生食が可能な 食品は生で食べるのがおすすめですが、空気に触れると酸化し、栄養価が失われるので、果物や野菜は食べる直前に、 切るようにしましょう。加熱が必要な食品は、短時間で調理し、できるだけ煮汁まで食べられるような料理に使用しましょう。

緑黄色野菜(パプリカ・パセリ・ブロッコリー・青菜類など)、フルーツ(キウイフルーツ・いちご・かんきつ類など)

毎日の食事で栄養素が不足がちの時はサプリメントなど 日々の生活にプラスして摂っていくのもおススメです。
当院でも、超高濃度ビタミンC3000mgのサプリを販売しています。

1ヶ月分(30日分) 4,000円(税抜)

「肌の糖化」とは

肌焦げです。

食事などから摂った余分な糖質が体内のたんぱく質などと結びついて、細胞などを劣化させる現象。
これが進むと肌のシワやくすみ、シミなどとなって現れます。それだけでなく、糖化によってつくられるAGE(糖化最終生成物)は内臓をはじめとする体内組織に作用して、多くの病気の原因となることが知られています。

糖分は、人間が生きていくための重要な栄養素です。そのため、糖分の摂取は必要です。そこでポイントとなるのは、急激に血糖値を上げない食品を選ぶこと。GI(グリセミック・インデックス)値という言葉を聞いたことはありませんか。ブドウ糖の血糖上昇率を100とした場合の、血糖値の上昇する割合を数値化したものをGI値といいますが、GI値の数字が低い食品ほど血糖値が上がりにくく、GI値が高い食品ほど血糖値が上がりやすいことを意味します。

つまり、できるだけ低GI値の食品を選ぶことが、糖化の抑制につながるのです。

まず大事なのは、食事で食べる順番です。主食のパンやごはんといった炭水化物を摂る前に、食物繊維が豊富な野菜やキノコ類、たんぱく質を含む肉・魚類を食べるのが基本です。和食の伝統である懐石料理を食べる順番は、理想的と言えます。洋食でも、サラダに始まり次にメインディッシュ、最後にパンやパスタを食べるというのは、理にかなったものなのです。また、AGEを下げる効果がある緑茶カテキンも、食事と併せて摂るといいでしょう。

この糖化リスクを回避するもう一つの視点は、サプリメントの内服です。
当院でもAGハーブMIX&マンゴスチンの抗糖化サプリを販売しております。

1ヶ月分(30日分) 9,000円(税抜)

 

私たちの身体は、私たちが普段から食べているもので出来ているのです。

次のような有名な言葉があります。

『You Are What You Eat.』
あなたが食べているものがあなた自身です

どうせ 食べるなら 体によいものを摂りいれて 外からと中からのケアしていきたいですね。

MEMBER’S

DOCTOR RECOMMEND 医師の推薦

French shot SkinReNEW フレンチ ショット スキン リニュー

美肌
リフトアップ

日本初!最新 無痛しわ・たるみ治療
初回71,500(税込)
59
OFF

ACCESS & CONTACT アクセス

〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-1-39
恵比寿プライムスクエアタワー2F
(googleマップはこちら)
0120-255-302 年中無休 10:00 - 19:00  ( 月~日・祝/年末年始除く)
JR山手線・埼京線 恵比寿駅西口
徒歩5分
東京メトロ(地下鉄日比谷線)恵比寿駅1番出口
徒歩6分

恵比寿プライムスクエアタワーB1F駐車場に車寄せあり
恵比寿プライムスクエアタワーB1F駐車場をご利用下さい
駐車料金:¥500 / 30分

CONNECT