しわ・たるみの豆知識 〜しわの原因〜
home > しわ・たるみの豆知識 > しわの原因とは?
しわの原因
小さなしわも見逃すな!早期の対策が効果的です
最初は気づかないほど小さかったちりめんジワも、放っておくとしわ同士がくっついて、大きなしわになってしまいます。ちょっとしたしわでも、気づいたらすぐにケアすることが、しわを大きくしないための秘訣です。
また、紫外線対策も同様です。20代の頃に浴びた紫外線の影響が、30代になって現れてくることも少なくありません。あとで悔やむことにならないよう、できるだけ早めの対策をおすすめします。下記のような「しわの原因」に思い当たる方は、すぐに行動を起こしましょう!
しわの原因
  • 加齢
  • 紫外線
  • 乾燥
  • ストレス
  • 生活習慣

加齢

誰にでも訪れる加齢によって起こるしわ
年齢とともに、しわができやすくなるのは、誰の目にも明らかです。
その理由は2つあります。

1つは、肌が薄くなってしまうこと。コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少すること、新陳代謝のスピードが遅くなることなど、様々な要因が重なって、肌は薄くなっていきます。

もう1つは、顔の筋肉の衰えです。表情筋が老化することで、皮下脂肪などを支えられなくなり、その部分にしわやたるみができてしまうのです。
加齢

紫外線

強力な日光は肌を脅かします
紫外線は、まさに肌の天敵。特にA波(UVA)は、雲だけでなく、窓ガラスさえも通過してしまう厄介な存在です。

しかも肌のハリや弾力のもとである真皮層にまで侵入し、コラーゲンやエラスチンだけでなく、線維芽細胞をも傷つけます。
真皮層がダメージを受けると、そこにゆるみやゆがみが生じ、しわが現れる原因になるのです。
紫外線

乾燥

美しい肌は美しい心から
乾燥によって肌の表面から水分や皮脂が失われると、「肌を保護しよう!」と角質がかたくなっていきます。その過程で生じるのが、ちりめんジワです。

ちなみに、目元にしわができやすいのは、皮膚が薄くて乾燥しやすいから。特に、秋から初春にかけての空気の乾燥する時期は、入念な保湿ケアを心がけましょう。
乾燥

ストレス

水分が失われると肌の角質が変化してしまいます
心身に強いストレスを感じると、人はストレスホルモンを分泌します。
このホルモンが体に様々な不調をもたらすのをご存じでしょうか?
ストレスによって肌の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れると、肌のバリア機能が低下し、肌が荒れやすくなったり、小じわができやすくなったりします。日常生活においてストレスをためないことも、しわ・たるみ対策として有効です。
ストレス

生活習慣(栄養不足/睡眠不足/猫背・姿勢の悪さ/喫煙)

生活を見直すことでしわを解消
いつまでも若々しい肌でいたいなら、悪しき生活習慣はできるだけ早く改めるのが賢明です。たとえば、睡眠不足は肌の新陳代謝を阻害してしまいますし、たんぱく質やビタミン、ミネラルといった栄養素が不足すると、コラーゲンの生成もままなりません。

また、猫背などの悪い姿勢を長期間続けていると、ほうれい線や首のしわができやすくなります。その中でも、最も肌に悪いのは喫煙です。タバコを吸うだけで、大量の活性酸素が体内に発生するのをご存じでしょうか?
この活性酸素は、1回の喫煙で、コラーゲン生成を促してくれるビタミンCを20~100mg破壊するともいわれています。
生活習慣
しわ・たるみの豆知識
  • menu
  • しわの種類
  • たるみの種類
  • しわの原因
  • たるみの原因
  • しわ・たるみ対策のウソ・ホント

お悩み別しわ・たるみケア

  • 症状別
  • 場所別(しわ)
  • 場所別(たるみ)
  • 年代別
  • 肌質別
  • 季節別

自分でできるしわ・たるみ対策

  •  Food 予防できる食事
  • Cosmetics ケア化粧品
  • Exercise マッサージ・ストレッチ

しわ・たるみの豆知識

  • しわの原因
  • しわの種類
  • たるみの原因
  • たるみの種類
  • しわ・たるみ対策のウソ・ホント
  • 専門クリニックのしわ・たるみ治療
  • 広尾プライム皮膚科 Staff blog 随時更新中♪美肌一直線 詳しくはこちら
  • 広尾プライム皮膚科