お悩み別しわ・たるみケア
home > お悩み別しわ・たるみケア > 肌質別
肌質別
乾燥肌の方は要注意!肌質で大きく異なるしわとたるみの進行。
肌細胞の水分量が少なく、皮膚が薄いと、しわができやすくなります。特に、乾燥肌や敏感肌の方は、日頃の入念なスキンケアが重要です。また、乾燥や紫外線は肌細胞の水分を蒸発させてしまいます。

過剰なスキンケアや、間違ったスキンケアを行うことで、肌を乾燥させてしまうこともありますので注意してください。いずれにしても、まずは自分の肌質に合った、適切な洗顔・クレンジング方法を知ることが大切です。
肌質別
  • 乾燥肌の方
  • 敏感肌の方
  • 脂性肌の方
  • 混合肌の方
乾燥肌の方

乾燥肌の方

表皮はもちろん、真皮の水分量も少ない「乾燥肌タイプ」の方は、まず保水力の高いしっとりタイプの基礎化粧品で、しっかりと水分を保つことを心がけてください。

また、必要な脂分を落とさないようクレンジングにはクリームタイプを選び、洗顔の際は優しく短時間で洗い、ぬるま湯ですすぎましょう。さらに、乾燥を防ぐためUV対策はしっかり保湿したうえで行ってください。
敏感肌の方

敏感肌の方

アレルギー物質や外部の刺激の影響を受けやすい敏感肌。保水やUV対策は必須ですが、使用する商品には充分注意が必要です。

まず、アルコールが配合されたスキンケア用品の使用は、肌への刺激が強いため控えてください。また、しわやたるみを改善しようと頻繁にマッサージすると、肌に負担を与え逆効果になる可能性があります。エイジングケア、UVケア、フェイスマッサージ、すべてにおいて肌に負担の少ないケアを心がけましょう。
脂性肌の方

脂性肌の方

肌の表面がしっとりしているので、真皮の水分不足に気づきにくい脂性肌。肌細胞の水分不足がしわにつながるので、化粧水は入念に、保湿は軽めで構いません。

保湿はクリームや乳液ではなく、美容液で充分でしょう。日頃からの保水とUV対策、エイジングケアに留意して顔全体のバランスを保ち、新陳代謝を活発にさせることが一番のケア方法です。
混合肌の方

混合肌の方

脂浮きしている部分は、化粧の有無に関係なく、毎日クレンジングしましょう。その際はオイルではなく、クリームやジェルタイプがおすすめです。

また、乾燥しがちな部分には化粧水を重ね塗りし、セラミドや天然保湿因子の美容液などを併用してください。洗顔料には微アルカリ性の商品を選び、紫外線によるダメージで肌の弾力を失わないよう、UV対策を習慣づけることも大切です。
自分でできる しわ・たるみ対策
  • 症状別
  • 場所別(しわ)
  • 場所別(たるみ)
  • 年代別
  • 肌質別
  • 季節別

お悩み別しわ・たるみケア

  • 症状別
  • 場所別(しわ)
  • 場所別(たるみ)
  • 年代別
  • 肌質別
  • 季節別

自分でできるしわ・たるみ対策

  •  Food 予防できる食事
  • Cosmetics ケア化粧品
  • Exercise マッサージ・ストレッチ

しわ・たるみの豆知識

  • しわの原因
  • しわの種類
  • たるみの原因
  • たるみの種類
  • しわ・たるみ対策のウソ・ホント
  • 専門クリニックのしわ・たるみ治療
  • 広尾プライム皮膚科 Staff blog 随時更新中♪美肌一直線 詳しくはこちら
  • 広尾プライム皮膚科