お悩み別しわ・たるみケア
home > お悩み別しわ・たるみケア > 季節別
季節別
しわ・たるみには季節に合ったお手入れ方法が必須!
季節によって気温や湿度が変わるのと同様に、肌の状態も常に変化していきます。冬のお手入れ方法をそのまま春や夏まで続けると、肌に余分な栄養を与え、トラブルや吹き出物の原因となってしまいます。
その反対に、夏のお手入れを続けていると、秋には肌が乾燥してしまい、しわやたるみの原因に!このように、肌にとって季節との関わりを切ることはできません。こちらでは、季節ごとに最適なお手入れ方法をご紹介します。しわやたるみの予防には欠かせないことなので、ぜひご覧になってください。
季節
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬
春

肌の老化を増長させ、しわやたるみの原因となる紫外線。春の紫外線量は急激に増え始めますが、春のお肌はまだ冬支度の状態です。紫外線にはとても敏感になっているので、春からしっかりとした紫外線対策を行ってください。

紫外線対策の基本は、帽子や日傘などを利用して日光を浴びないようにすること。日焼け止めを使用する際は、あまり強すぎないものを選びましょう。また、春は肌の分泌物や花粉、ホコリが増える時期なので、Tゾーンを中心とした洗顔も大切です。目の周りなどのかさつく部分には、うるおいを補給してあげましょう。
夏

夏の肌にとっての大敵は、汗と紫外線です。汗自体は無臭ですが、細菌類と接することでイヤな臭いを放ち、様々な肌のトラブルを引き起こしてしまいます。汗の対処法としては、市販の汗ふきシートでこまめに拭いたり、ミニタオルなどを携帯して汗を拭ったりするのがおすすめです。それだけでも肌に付着した細菌類が減り、肌トラブルを防ぐことができます。

また、毛穴が開き気味となっているので、優しく洗顔をした後には毛穴をひきしめるタイプの化粧水をたっぷりと与えてあげましょう。ビタミンCもこの季節には効果的なので、サプリメントなどで補うのもおすすめです。エアコンは肌を乾燥させるので、保湿も忘れずに!
秋

秋の肌は、夏の紫外線による影響と、急激な温度と湿度の差をまともに受けてしまいがち。しわやたるみが気になり出すこの時期には、角質のケアや血行促進などで肌のバリア機能を高めてあげることが大切です。

夏の間に厚くなった角質のケアには、週1回の念入りな洗顔がおすすめ!酵素が配合された洗顔料で角質を取り除き、ラセンを描くようにマッサージして肌の血行をよくしてあげてください。さらに、化粧水の前に美容液を使用するのもよいでしょう。角質の取れた肌にグングンと美容液がしみ込み、肌が蘇ります!
冬

寒さと乾燥が気になる冬は、肌がかゆくなったり、洋服がチクチクしたりするため、肌が敏感になる季節です。しわやたるみの原因を作ってしまう季節ともいえるでしょう。

誰もが乾燥肌になってしまう可能性のある冬には、肌への様々な対策が必要となってきます。たとえば、洗濯する際に柔軟剤を使って静電気を抑え、衣類を柔らかく仕上げるのもおすすめです。加湿器などで室内を加湿し、化粧品も冬用のクリームや乳液に変えてあげるとよいでしょう。

また、化粧品や乳液を使うタイミングも大切です。洗顔の直後、タオルで拭き取った直後に化粧水や乳液で保湿してあげてください。
自分でできる しわ・たるみ対策
  • 症状別
  • 場所別(しわ)
  • 場所別(たるみ)
  • 年代別
  • 肌質別
  • 季節別

お悩み別しわ・たるみケア

  • 症状別
  • 場所別(しわ)
  • 場所別(たるみ)
  • 年代別
  • 肌質別
  • 季節別

自分でできるしわ・たるみ対策

  •  Food 予防できる食事
  • Cosmetics ケア化粧品
  • Exercise マッサージ・ストレッチ

しわ・たるみの豆知識

  • しわの原因
  • しわの種類
  • たるみの原因
  • たるみの種類
  • しわ・たるみ対策のウソ・ホント
  • 専門クリニックのしわ・たるみ治療
  • 広尾プライム皮膚科 Staff blog 随時更新中♪美肌一直線 詳しくはこちら
  • 広尾プライム皮膚科